第16回じゃがリンピック

第1回SNS♯じゃがリンピックコンテスト

​受賞発表

第16回じゃがリンピック [レシピあり]

金賞

生田原 新国妙子さん​

「きな粉じゃが」

きなこじゃが.jpg

材料(4人分)

じゃがいも:中2個、きな粉:大さじ2、砂糖:大さじ2、塩:ひとつまみ、揚げ油:適量、黒蜜:お好み

作り方(約15分)

①じゃがいもは皮をむき約1.5㎝の乱切りにする。

②170℃に熱した油で揚げる。

③揚げたじゃがいもを熱いうちに、砂糖・塩を混ぜたきな粉の中に入れ、絡める。

④お好みで黒蜜をかける。

​☆揚げる前にじゃがいもを電子レンジで4分加熱すると、じゃがいもが柔らかく仕上がります。

☆はちみつ、練乳をかけても良いです。

銀賞

白滝 長原裕一さん​

「GKSじゃが炊き込みごはん」

210215%252520%2525E3%252581%252598%2525E
GKS.jpg

材料(4人分)

じゃがいも:中3個、米:2合(水の目安:300㏄)、牛乳:100ml、カマンベールチーズ:1個、ベーコン:60g、しょうゆ:大さじ1と1/2、コンソメ:小さじ1、バター:30g、黒コショウ:適量

作り方(約60分 ※炊き込み時間含む)

①米を研ぎ水気を切る。じゃがいもは皮をむき一口大に切る。ベーコンはお好みの大きさに切る。

②炊飯器に①、水、牛乳、しょうゆ、コンソメを入れて良く混ぜ、真ん中にカマンベールチーズを丸ごと乗せて炊飯する。

③炊きあがったらバターを入れ、お好みで黒コショウをふる。

​☆GKSは、「豪快かつ繊細な」の略です。

銅賞

生田原 高橋玲子さん​

「ふんわりポテトグラタン」

ふんわり.jpg

材料(4人分)

じゃがいも:中4個、豚ひき肉:150g、玉ねぎ:3個、卵:2個、ソース:大さじ4、トマトケチャップ:大さじ4、粉チーズ:適量、バター:60g、塩こしょう:適量

作り方(約25分)

①じゃがいもは皮をむき4つに切る。玉ねぎは半分に切って縦に薄切り、卵はお椀に溶く。

②じゃがいもは皮をむき一口大に切り茹でる。茹で上がったら湯切りしてつぶす。熱いうちにバター40gを入れて、塩こしょうをふる。卵を入れ、練らないようにふんわり混ぜる。

③フライパンにバター20gを入れ、ひき肉、玉ねぎを炒める。ソース、ケチャップ、塩こしょうで味付けし、耐熱皿に敷く。

④ ③に②をふんわり重ねる。仕上げに粉チーズをふり、オーブントースターで約15分焼く。

​☆マッシュポテトに卵を入れたことで黄金色になりました。

​☆ソースはお手持ちのもので…(我が家はとんかつソースです。)

銅賞

地域おこし協力隊 杉山智恵さん​

「えんがぁるドッグ」

えんがぁる.jpg

材料(4人分)

じゃがいも:中2個、ウインナー:4本、オリーブオイル:大さじ1、ロールパン:4個、レタス:適量、マヨネーズ:適量、粗びき黒こしょう:お好み

◆合わせ調味料

酒:大さじ1、しょうゆ:大さじ1、はちみつ:大さじ1、粒マスタード:大さじ2

作り方(約15分)

①じゃがいもは皮をむき1㎝角に切り電子レンジで5分加熱する。ウインナーも1㎝幅に切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、①を入れじゃがいもの表面がカリッとなるまで焼く。

③火を止めて余分な油をキッチンペーパー等でふき取り、◆合わせ調味料を加えて弱火で炒め、水分を飛ばす。

④ロールパンに縦半分の切れ目を入れ、マヨネーズを断面に塗り、レタスを敷き③を詰める。

​☆遠軽町は、縁がある町“えんがぁる町”としてPRされています。

☆お好みで食べる前に粗びき黒こしょうを振ると味が締まります。

■入賞特典 金・銀・銅メダル授与、レシピカード化、お米券​

この他、数名様に「審査員特別賞」として、レシピ本をプレゼントさせていただきます。入賞者の方々には、直接ご連絡させていただきます。

第1回SNS♯じゃがリンピックコンテスト

石原邦彦さん ハッシュドポテト

庄司真美さん ドライポテト

谷渕さん ポテとびっこ

FB_IMG_1613750043147.jpg
2.png
3.png

ひぐまの日々さんお漬物入りポテサラ

つるおさん きんつば

てんとーむしさん

​じゃがいもとブロッコリーのグラタン

4.png
FB_IMG_1613750052845.jpg
FB_IMG_1613750054688.jpg

小林加奈さん 

じゃがいもとひき肉のオイスターマヨ炒め

mkさん 

​豚ロースのじゃが巻き

ちょこたさん

梅ツナベーコンポテサラ

7.png
8.png
9.png

津江康太さん/田中直人さん 

​じゃがいもポットパイ

10.png

■入賞特典 

白滝じゃが(越冬きたあかり)5㎏&レシピ本(続・じゃがリンピックのじゃがいも料理)

 

入賞者の方々には、直接ご連絡させていただきます。

 この度は、初めての試みである「書類選考」のじゃがリンピックと、SNSを使ったコンテストにご応募いただきありがとうございました。

 コロナ禍で、今までのように集まってのイベント開催が難しく、知恵を出し合って挑戦してみた試みでしたが、本当に応募してくださる方がいらっしゃるのか…」と不安ばかりでした。

 ところが、蓋を開けてみると、町の広報誌や北海道新聞の全道版、ラジオ等で告知してくださったこともあり、毎年応募してくださっている方、地域の方を始め、日本全国からご応募をいただき、過去最多の応募数となりました。本当にありがとうございます。

 

◆応募数

第16回じゃがリンピック 35品 

第1回 SNS♯じゃがリンピック コンテスト 107品

◆審査方法

審査項目は「美味しい」「簡単」「作ってみたい」「じゃがいもの良さが生きているか」

 

じゃがリンピックは、35品を書類選考で11品に絞り、実際に調理して試食審査を行いました。応募者を分からないようにした上で、審査員9名(じゃがリンズ、行政、農協、農業普及改良センターより選出)が審査項目について数値化、集計しました。

SNS♯じゃがリンピックコンテストは、じゃがリンズメンバーが審査項目を数値化、集計しました。いずれも、公正な審査を心がけております。